耕作放棄地発 特産そばあめ(中国新聞 H26.1.19 記事)

2015.04.06長寿飴, 山野町産そば粉, 六次産業, 中国新聞

備後特産品研究会ではこのほど、福山市山野町産のソバ粉を使ったソバ飴「長寿飴」を新たに開発しました。福山市山野町の住民たちが耕作放棄地の再生農地で育てたソバを使用しています。本商品の詳細情報と開発の経緯が、中国新聞に紹介されました。

長寿飴 140119 中国新聞 掲載記事 - 備後特産品研究会

長寿の願いを込めて名付けられた地元産そば粉の飴「長寿飴」の内容量は80g。情報発信用Webページへ接続するQRコードも掲載。ソバのほのかな風味が楽しめます。人口770人で高齢化率48%(記事掲載当時)の山野町で活動する市民団体「やまの里山クラブ」が2012年、担い手不足で荒れた田畑を市公募のボランティアと再生して栽培を始めたソバを使用。市農林水産課は「耕作放棄地の再生に取り組む地域は広がっている。収穫物の加工品で収益を生む参考になる」と話しています。

■掲載媒体
______________________

掲載誌: 中国新聞
掲載日: 2014年1月19日
URL: http://www.chugoku-np.co.jp/
______________________

スポンサーリンク