観光客に備後の魅力を ~ ともてつバスセンター(鞆町)で「田島のり」のコーナー開設(経済リポート H30.4.1 記事)

2018.06.02特産品の取組み, 経済リポート, 田島のり, ともてつバスセンター

鞆の浦にある観光拠点およびお土産物産店「ともてつバスセンター」に新たに設けられた福山市田島産の海苔「田島のり」の特設売場が「経済リポート」で紹介されました。

田島海苔 180401 経済リポート 掲載記事 - 備後特産品研究会

田島のりの産地は広島県随一の海苔養殖産地

備後特産品研究会では特産品の取組みとして、地元の特産品を活用した備後地域のPRおよび活性化を図る活動を続けています。

田島地域は広島県の海苔養殖の8割を占める産地ですが、これまでは海苔原料としての流通が主で、そうした場合「田島産」とうたわれることは少なく、田島のりの認知度は決して高いとは言えませんでした。

しかし現在、生産者が自ら商品開発・加工・販売まで手掛けた「田島のり」関連商品が徐々に増えており、6次産業化の波に乗って加速度的に知名度を高めつつあります。

そこで、さらなる認知度向上のため、ともてつバスセンターの協力を得て同会監修の元、同店内に田島のり特設売場を設けるに至り、海苔や海苔加工商品などを陳列。地元の方や観光客も多く訪れる同店にて販売・PRを行うようになった次第です。

誌面では上記売場の紹介とともに、ともてつバスセンター・片岡店長のコメントが紹介されました。

※備後特産品研究会では商品の販売を行っておりません。田島のり関連商品については「ぬまくま夢工房」オンラインショップでもご確認いただけます(ただし取扱いは一部の商品のみ)。

■掲載媒体
______________________

掲載誌: 経済リポート
掲載日: 2018年4月1日
______________________