田島の「貝王」大きく育て ~ 朝市・TAU 販売本格化(中国新聞 H30.4.12 記事)

2018.06.02特産品の取組み, 田島アサリ, 広島ブランドショップTAU

福山市・田島漁協青年部が生産・販売を行う田島産のアサリ「田島アサリ」が「中国新聞」に掲載されました。

田島アサリ 180412 中国新聞 掲載記事 - 備後特産品研究会

田島アサリ「貝王(かいおう)」

大粒で身がしっかりと詰まった田島アサリ「貝王(かいおう)」は、今春より東京都銀座の「広島ブランドショップTAU」での販売も決定、週に2回、生産者より直接発送を行い、首都圏での販売および田島アサリの認知度向上に努めています。

地元福山でも、福山駅近くのそば店「蕎麦十」が「田島のあさりそば」を、内海町の洋食店「ゾノキッチン(zono kitchen)」や入船町のフレンチレストラン「ヌーヴェルヴァーグ」でもパスタやアクアパッツァなどで田島アサリが楽しめます。

備後特産品研究会では、同部の協力を得て、上記の店舗様等への橋渡し役を担うことで地元の新しい特産品ブランド「貝王」の認知度向上の一助となるべく努めています。

なお、アサリの旬はだいたい3月~5月のため、いずれの店舗での提供も期間限定となります。一人でも多くの方に、田島アサリの旬の味をお楽しみいただければ幸いです。

■掲載媒体
______________________

掲載誌: 中国新聞
掲載日: 2018年4月12日
______________________

スポンサーリンク