【プレスリリース】ご当地ふりかけシリーズにソフトふりかけ誕生「瀬戸内巡り まぜご飯」

2015.04.21福山市走島産ちりめん, 瀬戸内巡り まぜご飯, 岡本亀太郎本店の本みりん, 瀬戸内ふりかけ

備後特産品研究会ではこの度、「特産品を使って食卓に近い商品を」をコンセプトに、走島町特産「ちりめん(カタクチイワシの稚魚)」と鞆町特産の保命酒の素である「本みりん」を使ったソフトタイプの柔らかいふりかけ「瀬戸内巡り まぜご飯」を商品化しました。

瀬戸内巡り まぜご飯 商品画像

製造にあたっては、かつおぶし、削りぶしなど水産加工業の(株)桑田商店(福山市南松永町)と保命酒醸造元・(株)岡本亀太郎本店(福山市鞆町)の協力を得ました。

この商品も先に発表の商品「瀬戸内海を駆け巡るふりかけ」同様、「びんごを物語れるふりかけ」として付加価値を付け、全国に発信しております。以下ポイントは4つ。

  • 福山市走島町特産の「ちりめん」を使用しております。(特徴)温暖な瀬戸内の気候でかつ、穏やかな漁場で育つため、身が柔らかく旨味が強く、風味が良いです。
  • 福山市鞆町特産の「保命酒」の素である「本みりん」を使用。(特徴)良質のもち米を使い、米由来の甘味や多アミノ酸を含んでおります。ちりめんの風味を引き立て、ご飯とまぜるとほんのりとした甘さが特徴です。
  • 「カタクチイワシ(稚魚は「ちりめん」と呼ぶ)」は「福山市の地域資源」に認定されております。
  • 化学調味料は使用しておりません。

______________________

<瀬戸内巡り まぜご飯> 一袋390円(税込、希望小売価格)。

販売店: (有)ぬまくま夢工房(福山市御船町・WEB購入も可)、道の駅アリストぬまくま(福山市沼隈町)、ともてつバスセンター(福山市鞆町) ほか

企画開発: 備後特産品研究会

販売元: 株式会社中島商店、有限会社ぬまくま夢工房

スポンサーリンク