コロッケの中に旬の味覚とご当地食材がザクザク「福山うずみバーガー」

2015.04.15福山うずみバーガー

「福山うずみバーガー」は、2011年10月9日(日)・10日(月)に開催される「福山グルメフェスタ2011」イベント用の数量限定商品。企画は備後特産品研究会、バンズにフジイパン店(福山市川口町)、具材に池口精肉店(福山市新涯町)の開発製造協力を依頼して出来上がった商品です。

当商品は「うずみ」の名の通り、ポイントは春夏秋冬の旬の食材を「幸福、宝」に見立てて具材として使用し、幸や宝を掘り出しながら食べる幸福感とワクワク感あふれる食べ物になっています。

福山うずみバーガー・秋バージョン 商品画像

■福山うずみバーガー・秋バージョン 商品情報
______________________

秋の味覚「マツタケ」を鯛の練り製品でくるみ、コロッケの中にうずめた具材をフワフワの白バンズで挟んでいます。バンズと具の食感が意外にもマッチした逸品です。

※本商品はWEBでの販売はありません。
※2011年10月9日(日)・10日(月)両日、各40食、数量限定販売。当日の価格はイベント特価・1個300円(税込)。
______________________