カテゴリー
コラム(読み物)

ごはんのおともは「ふりかけ」推し

ふりかけ

雑誌などで「ごはんのおとも」というフレーズを目にすると、私はやはり当店ラインナップにもある「ふりかけ」を一番に連想します。

ということで、今日はふりかけの話です。

ふりかけは「こどもの食べ物」と認識されていた時代がある

ふりかけといえば子供の食べるもの。という概念は昭和の頃まであったそうで、当時のデータでは100%に近い確率でふりかけを食べるのは11歳まで、12歳になると急にその需要が減っていたそうです。

その結果に着目した某大手メーカーが平成元年に発売したのが、成年層をターゲット(※)にした「お〇なのふりかけ」です(伏字にしなくても分かる方が多いかと思いますが・・・)。この商品はみごと大ヒット、ふりかけ購買層の拡大化に成功しました。

※実際には10代後半にもよく食べられているそうです。

ふりかけ界では今なお新商品が続々投入されており、現代では大手メーカーだけではなく地方の中小メーカー独自開発のふりかけもインターネット上で大手に負けじとしのぎを削っています。

また既製品のみならず、レシピサイトなどでも「ごはんのおとも」で検索すれば、おかず味噌や自家製佃煮と並んで自家製のふりかけレシピ情報がたくさん出てきます(我が家でも、出汁を取った後の昆布やかつお節で作る佃煮風ふりかけは冷蔵庫に常備しています)。

ふりかけの本場・瀬戸内のふりかけを召し上がれ

と、まだまだ「熱い」ふりかけ市場。当店のふりかけは分類でいうと瀬戸内の「ご当地ふりかけ」になると思いますが、ふりかけとはまあ、全国的に見てもご当地ものや地域限定商品の多いこと多いこと。

御多分に漏れず瀬戸内でも同じ状況ですが、瀬戸内地域というのは全国津々浦々に愛好家がいる「ゆ〇り」「旅行の〇」など、国内ふりかけシェア上位クラスのふりかけメーカーが複数所在します。まさにふりかけ処。ふりかけ激戦区。

県内のお土産屋さんでもご当地ゆかりのふりかけ商品は充実しており、広島県産商品を並べているお店に置いてもらうのは実際、一苦労だったりします。

それだけに、当店オンラインショップまで辿りついてくださった方は千載一遇のチャンス。

ふりかけごはんはいつもとは違う味わいやおかずの代わり、お弁当の時の楽しみなど、いつもの白ご飯と一味違う演出を手軽に楽しむことが出来る食材です。忙しい現代人の欠食習慣を見直すきっかけにもなりうる食材、それがふりかけです。

と書くと堅苦しい話になりますね。要は大人になってもふりかけ食べようよ! 美味しいよ! 当店のふりかけも見てみてよ! と最後にはこう言いたかったわけで。

ぜひよろしくお願いいたします。

→ぬまくま夢工房「ふりかけ」商品一覧へ

 

カテゴリー
コラム(読み物)

食品栄養成分表示のナトリウム量から塩分相当量を計算(カシオ/keisan)

塩

食品パッケージの裏面にある栄養成分表示とは、エネルギー(熱量)や脂質、たんぱく質などの栄養成分が該当食品の一定量にどれだけ含まれているのかを知らせる表示です。

この表に記載が必要な表示項目は、「エネルギー(熱量)、たんぱく質、脂質、炭水化物、ナトリウム(食塩相当量)」とされています。

食品によっては「カルシウム」など義務表示項目以外の栄養項目が表示されていることがありますが、これは食品メーカー(製造元)が任意に記載しているものです。大方の場合、注目してほしい値がある場合に記載されています。

さて、栄養成分表示は平成27年4月より消費者向けに包装された加工食品と添加物(業務用加工食品は除く)に対し、表示が義務化されました(※)。

※加工食品の場合、2020年3月31日までが猶予期間(移行経過措置期間)となるため、現行で流通している商品においては旧制度に基づく表示を行っているものがあります。

表示の義務化と同時に細かい変更点が若干あるのですが、ことナトリウム量の表示についてはナトリウム量を「食塩相当量」に換算したものを掲載することが併せて義務化されています(これまではナトリウム量のみの表示か、併記して食塩相当量を欄外に記す等の表示がなされていました)。

つまり、新しい栄養成分表示では「ナトリウム量」の代わりに「食塩相当量」が表示されるということになるわけです(注意点:該当製品が食塩を使用していない場合はナトリウム量と食塩相当量の併記となります)。

日本人は諸外国の方に比べて食塩摂取量が多いと言われています。厚生労働省の公表する目標値では「男性8.0g/日未満、女性7.0g/日未満」となっていますが、これはあくまで目標であり、実際の摂取量をみると平均で10g超/日未満と言われており、かなりオーバーしている現状です。

世界的にみると、例えばWHO(世界保健機関)では5g未満/日未満を推奨していることなどから、やはり意識して減塩に努める必要のある人が多いと言えるでしょう(私も心当たりがあります・・・)。

となると、やはり塩分相当量の表示があるのは大変ありがたいです。この数値を参考に、食品摂取の栄養バランスを考えることができます。

ただ上述の通り、現在流通している商品には(当店の販売する商品も含め)、まだ食塩相当量表示に対応していないものも数多くあります。

そうした製品については、数式を使って自力で食塩相当量を計算する必要があります。

ちなみに、栄養成分表示のナトリウム量の数値を使って食塩相当量を計算する式は以下の通りです。

  • ナトリウム量(mg)×2.54÷1000=食塩相当量(g)

とまあ、計算すれば算出できるけど、その計算がいちいち面倒くさい・・・。

そんな方には以下のサイトをおすすめします。

生活や実務に役立つ計算サイト「keisan」(運営:カシオ計算機株式会社)

ナトリウム量(mg)から塩分相当量(g)を計算する(ナトリウム量を入力するだけで塩分相当量が自動計算されます)

上記URL先のWebサイト「keisan」では、そのサブタイトル通り、生活や実務に役立つ計算が満載です。今回の記事の内容とは全然関係はないですが、例えば、結婚記念日の計算や長寿の祝い年の計算、和暦・西暦の変換など、ユニークで実用的なコンテンツがたくさん掲載されています。興味がある方は、ぜひいろいろ覗いてみてください。

以上、今回はお役立ちサイトのご紹介でした。

カテゴリー
コラム(読み物)

特産品と名産品の違い

保命酒銘菓(鞆の浦特産「保命酒」を使った菓子加工品)

特産品と名産品の違いについて、境界はあいまいな部分も多いですが、端的に言うと以下のようになります。

  • 特産品・・・その地域でしか作れないもの(その地域特有の風土や原料を使って作られたもの)
  • 名産品・・・その地域で作られることが広く知られているもの(よその地域でも作ることが可能または実際に作られているが、知名度で優れているもの)

※「特産物」「名産物」という呼称もあります。この場合は「特定の地域で採れたもの、その地域で採れるものが特に著名なもの」と、産出物そのものを指して言う場合に使います。ただし、一般的には産出物も、特産品、名産品という呼称でひとくくりに表現されることが多いです(例:広島名産レモンやみかん等)。

ちなみに、古代日本では奈良時代に風土記(国内地域別に、風土や歴史伝承、名称などをまとめたもの)を製作するにあたり、地域の特産物を記すことが既に義務づけられていたそうです。

(上の画像は鞆の浦特産「保命酒」を使った菓子加工品群・保命酒銘菓)

特産/名産を広島の土産物で分類すると?

特産品・名産品の具体的な例を挙げます。例えば、広島県(瀬戸内)のお土産品で分類してみるなら、以下のような区分けになると思います。

  • 特産品・・・広島菜(加工品)、西条酒(東広島市西条で作られる日本酒)、保命酒、府中みそ
  • 名産品・・・もみじ饅頭、お好み焼き、しゃもじ(木製)

上記の例をもう少し詳しく解説すると、広島菜は主として太田川流域の川内地区および広島県内で生産されているものを漬物として加工します。名称からして広島の風土が育んだ産出物の加工品ですので、広島菜は広島ならではの特産品、と言えます。

また保命酒は福山市鞆の浦にある保命酒蔵元が作る薬味酒ですが、江戸時代から続く歴史のある製品であるため、鞆の浦ひいては福山市(江戸時代は備後福山藩)の歴史からも切り離すことができない品です。

さらに保命酒は16種類のハーブを良質のみりんに漬け込んで作られます。製法の詳細の一部は蔵元秘伝であり、製造の歴史背景なども上記の通り唯一無二であるため、今後鞆の浦はおろかその他の地域で保命酒を作ることは出来ません(味や見た目を似せただけの類似品は除きます)。

ですので、保命酒も正真正銘、広島県の特産品です。

保命酒と同様に、府中市の「府中みそ」や「西条酒」も同様、広島ならではの風土・歴史背景に育てられた特有の製品、つまり特産品です。

一方、名産品についてですが、例としてもみじ饅頭と言えば「広島」を連想する方がほとんどかと思いますが、もみじ饅頭自体は広島特有の原料をしているわけでもないので、よその地域でも作られます。だから、冒頭の定義的には、名産品に該当します。

ただし、「もみじ饅頭といえば広島」というイメージが定着しているため、よその地域で作られたもみじ饅頭を見ても「広島」のことが頭に思い浮かぶ方も多いかと思います。

こうなるともはや、もみじ饅頭は広島の特産品、といってみても差し支えがないと思います。

同じように、お好み焼きも全国どこででも作ることが可能ですが、重ね焼・乗せ焼のお好み焼きと言えば広島のお好み焼き、という認識が定着していることから、広島のお好み焼きは特産品であるといっても過言ではないかと思います。

つまり、全国津々浦々に存在する名産品は、解釈次第で特産品とも言えそうなものが大半を占めているということです。

名産品が、特産品に

特産品が名産品となることは稀ですが、名産品が特産品となることは多々あるようです。

上記の通り、もみじ饅頭は(広島県人のスタッフから見て)既に特産品と言える品だと思いますし、数年前にブームとなった「B級グルメ」の品々も、地域定着に至ったものについては特産(厳密にいうと、名物になる?)と考えてもよいかと思います(※)。

※名物とは、その地域の名産品に行事や慣例などの物事(ストーリー)があるものを指します(例:古くより牛馬の流通拠点だったことから牛肉の流通がさかんで、牛肉の料理、ホルモンを使った料理が昔から食べられていたことに端を発する岡山県津山市のB級グルメ「津山ホルモンうどん」など)。行事や慣例のみを指して言う場合もあります。

以上、取り留めのない話でしたがご参考の足しになれば幸いです。