カテゴリー
商品情報

新商品「小桜えび(素干し小エビ)」の販売を開始しました

小桜えび

毎度、ぬまくま夢工房オンラインショップをご利用いただき、誠にありがとうございます。

このたび、「ぶっかけいわし飯」「内海町田島産の初摘み一番海苔を使った味付海苔」に続く2017年11月の新商品としまして、国内産・無着色の乾燥小エビ(あきあみ)「小桜えび(素干し小エビ)」の販売を開始しました。

小桜えび

お好み焼き、ちらし寿司や酢の物、天ぷらなどのトッピングに

見出しの通り、本品の活用方法としましては「お好み焼き、ちらし寿司、酢の物、天ぷら、焼きそば」などあらゆるお料理のトッピングとしてご利用ください。

本品の原材料となる素干し小エビは「あきあみ」です(サクラエビ科あきあみ)。小エビやあみえびとも言われますが、小桜えびとも呼ばれます(※桜えびではありません。小桜えびと桜えびは全く違うものです)。

同じアミエビと呼ばれるもののうち「おきあみ」という甲殻類も存在しますが、こちらはエビではありません。エビではありませんが食用可なので、おもに魚のえさや魚肉ソーセージの原材料(魚肉としての活用の他、おきあみの自然な赤みを着色料代わりにする)などで使用されます。

余談ですが、カップヌードルに入っているえびもオキアミではないかと言われることがあるそうですが、こちらは「プーバラン」というインド太平洋海域で獲れるえびだそうです。よく調べると、大きさがまるで違います。

脱線ついでに、スーパーなどでよく見かけるお好み焼き・たこ焼きなどトッピング用の「赤い小エビ」はまずアキアミだと思われますが、あまりに赤い場合には赤色102号または天然系の着色料が用いられています。

本品は、表ラベルにもでかでかと書いてある通り「国内産・無着色」が売り文句です。産地が気になる方、着色料が気になる方も安心してお選びいただけます。

当店・ぬまくま夢工房の品揃えはすぐにそのまま食べられる・飲んでいただける加工食品がメインとなっておりますが、今後は「小桜えび」のような「料理に役立つ一品」原料の充実も図りたいと考えています。

ということで、「国内産・無着色 小桜えび」、是非一度おためしを。

 

カテゴリー
メディア掲載

くわいの風味生かし土産にも人気~くわいぽたーじゅスープ(ビジネス情報 H29.11.20 記事)

くわいぽたーじゅスープ 171120 ビジネス情報 掲載記事

くわいぽたーじゅスープが、備後の地域経済誌「ビジネス情報」11月20日号で紹介されました。

くわいぽたーじゅスープ

芽が出る縁起物「くわい」の生産量日本一「広島県福山市」産くわいの規格外品を有効活用した製品。

形の良いくわいはおもにおせち料理の食材として高値で流通します。また中華料理の食材としても利用されています。

一方、特徴的な芽(つの)が折れたもの、あまりにも小粒だったり形が綺麗でないものはいわゆる規格外品として扱われ、流通が難しくなります。

そんな規格外品を「粉末」にして使用することで有効的に活用したのが本商品「くわいぽたーじゅスープ」です。くわい粉末だけをスープにすると、くわい独特のほろ苦さだけが際立ってしまうので、でんぷんやコンソメパウダー、ホワイトペッパーなどで調味することにより、飲みやすく、かつ「くわいが味わえる」オンリーワンなポタージュスープとなりました。

現在、当店オンラインショップや実店舗の他、JR福山駅構内のおみやげ店や福山市内の主要物産店を中心に販売しております。

また関東においては広島県のアンテナショップ「広島ブランドショップTAU(たう)」や浅草「まるごとにっぽん~浅草にっぽん区」で冬季限定販売を行っております。

くわいぽたーじゅスープ

カテゴリー
商品情報

新商品「内海町田島産の初摘み一番海苔を使った味付海苔」の販売を開始しました

マルコ水産の味付海苔

毎度、ぬまくま夢工房オンラインショップをご利用いただき、誠にありがとうございます。

このたび、「ぶっかけいわし飯」に続く2017年11月の新商品としまして、内海町田島産の初摘み一番海苔を使った味付海苔「福山市内海町産 味付海苔(全判2枚、六つ切 12枚入) 5袋セット」の販売を開始しました。

福山市産 味付海苔 5袋セット

初摘み海苔(その年で一番最初に摘まれた海苔)を使った甘辛風の味付「ぜいたく」海苔

まずはじめに「初摘み一番海苔」について。

初摘み一番海苔とは、その年で一番最初に摘まれた海苔のことを言います。「初摘み(海苔)」とか「一番摘み(海苔)」などとも呼ばれます。

本商品の製造元はマルコ水産(福山市内海町田島)。マルコ水産では海苔の飼育から焼き海苔・味付海苔といった商品化までを全て自社で管理されている、いわば「海苔のプロフェッショナル」。

実は当店、マルコ水産様の商品で味付海苔より一足早く販売しているものがあります。「海苔師の生のり佃煮 120g」という商品がそうです。

海苔師の生のり佃煮 120g / 瀬戸内産の一番海苔で作った特製海苔佃煮

上記リンク先の商品も一番海苔をぜいたくに使用。海苔のプロ(海苔師)が丁寧に作る海苔製品の数々は、当店ほかマルコ水産様の自社サイトでもお買い求めいただくことが可能です。

なお、本商品「福山市内海町産 味付海苔」は同社のロングセラー商品。独特の甘辛い味付けが人気の海苔です。

独自レシピならではの味わい深い味のため、おにぎり海苔としてのご活用はもちろん、そのまま食べても美味しくお楽しみいただけます。

なお、海苔のサイズについては本品・商品ページの記載を下記転載いたしますのでご参考程度にお読みください。

☆海苔のサイズについて

基本サイズとなるのは全判や全型・全形と呼ばれる1枚の海苔。縦・横20cm程度の一枚の海苔です。

これを2枚にカットしたものが2切り、6枚にカットしたものは6切り。12枚にカットしたものが12切りサイズです。小さな俵型のおむすび、三角おむすびなどに使うサイズは12切りのものが多いかと思います。

本ページの商品は「6切り」です。海苔の一般的なカットサイズとしてはちょうど中間にあたるサイズのため、少し大きめのおにぎりや手のひらサイズの手巻き寿司など汎用性は高いです。様々な用途でぜひご活用ください。

ぬまくま夢工房オンラインショップ「福山市内海町産 味付海苔(全判2枚、六つ切 12枚入) 5袋セット / 初摘み一番海苔に甘辛い味を付けた海苔」商品ページより引用

お徳用12切りサイズなどはスーパーでよく見かける海苔製品だと思いますが、時々は瀬戸内のぜいたくな海苔を思う存分味わってみてください。「また食べたい!」と思っていただける海苔だと自信を持っておすすめいたします!

カテゴリー
商品情報

新商品「ぶっかけいわし飯」の販売を開始しました

ぶっかけいわし飯

 

毎度、ぬまくま夢工房オンラインショップをご利用いただき、誠にありがとうございます。

このたび、2017年11月の新商品としまして、国内産いわし削り節にとろろ昆布、刻み海苔をブレンドした海の幸ふりかけ「ぶっかけいわし飯」の販売を開始しました。

ぶっかけいわし飯

あつあつご飯にまぜるだけ~いわし削り節&とろろ昆布の旨味が絶妙にからみます

本品は、国内産いわしの削り節に、同じく国内産のとろろ昆布・刻み海苔など日本を代表する海の幸を試行錯誤を重ねて生まれた秘伝のレシピでブレンドしています。

いわしの削り節といえば、福山市産が元祖。当店商品、海苔とたまごのふりかけ「瀬戸内海をかけめぐるふりかけ」商品ページの読み物としても掲載していますが、いわし削り節は大正初期、広島県福山市を発祥の地として誕生した加工食品です。

お出汁の素として使われることの多い削り節だけあって、うまみ成分は豊富。本品ではいわし削り節の他、とろろ昆布や刻み海苔をブレンドすることでさらに味わいを深いものにしています。

お召し上がり方はとっても簡単。あたたかいご飯に本品をたっぷり乗せ、お醤油またはだし醤油を少し加えるだけ。

美味しいいわし飯、はたまた豪華なおかかごはん、とびっきりのねこまんまとも言うべきか、風味豊かなその味でごはんが思わず1杯、2杯とすすみます。

「ぶっかけいわし飯」は味わいが豊かなため、お吸い物の具としても最適です。本品を空のお椀に適量入れ、お湯を注いで醤油を少々垂らすだけ。

その他、そばやうどん、お好み焼きのトッピングや焼きそば・焼うどんなど鉄板料理との相性もばっちりです。

様々な場面で活用できる万能ふりかけを是非一度お試しください。

カテゴリー
商品情報

この冬のイチオシ「入江の甘酒(粉末甘酒)」

入江の甘酒

甘酒は近年、静かなブームを迎えています。健康志向の方が「飲む点滴」とも呼ばれる甘酒の栄養価に注目したのと、甘酒を冷蔵庫で冷やして飲む「冷やし甘酒」が一般的な飲み方として定着しつつあるからです。

福山市・鞆の浦の代表的な特産品と言えば「保命酒(ほうめいしゅ)」ですが、この保命酒の元となる原酒は「みりん」です。

鞆の浦では、酒造りの際の副産物として生まれる「保命酒粕(みりん粕)」が昔から人気であり、粕汁の原料としての酒粕の活用はもちろん、火であぶって軽く焼いた酒粕をおやつ代わりに食べたり、漬物に利用したり甘酒の原料にしたりといった、実に様々な形で地域の方々に親しまれてきました。

鞆の浦に今や4軒しか残されていない保命酒蔵元のうちの一社、入江豊三郎本店が作る「入江の甘酒」は、福山・鞆の浦の郷土食ともいえる「保命酒粕」で作った甘酒を是非ともたくさんの方々に味わってもらいたい。そんな想いから誕生した、携帯性のよい粉末の甘酒です。

もともと、入江豊三郎本店の保命酒粕は「保命酒の花」という商品名でかねてより大変人気の商品であり、鞆の浦に訪れる観光客からも鞆の浦お土産として非常によく選ばれている酒粕です。

保命酒の花は、保命酒の原酒をしぼる時に出来る粕をみりんと砂糖で味付けしたもので、関西地方では「こぼれ梅」と呼ばれるものと似た食品です。

本商品「入江の甘酒」はキャッチコピーの「飲む保命酒の花」の言葉の通り、この酒粕の旨みを存分に生かして作ったオリジナリティあふれる特製甘酒です。

地元の方にとって懐かしい味わいはそのままに、しょうがの風味に加えて保命酒の香りもアクセントとして入るなど鞆の浦ご当地感も味わえ、何だか得した気持ちにもなれます。

お湯で溶くだけでいつでもどこでも簡単に味わえる入江の甘酒。今や四季を通して若い方にもご年配の方にも親しまれる甘酒ですので、携帯性・日持ちの良い本商品は役に立つこと間違いなしです。ぜひ一度、お試しください。

 

入江の甘酒

 

※現在、当店では「保命酒の花」の取扱いがございません。保命酒の花(入江豊三郎本店の保命酒粕)をお求めの方は、鞆の浦の保命酒蔵元「入江豊三郎本店」へお問い合わせください。
※入江の甘酒で使用されている酒粕および保命酒は「入江豊三郎本店」の保命酒粕および保命酒です。

カテゴリー
お知らせ

<重要なお知らせ>配送料変更のお知らせ※2017年12月1日から適用

平素より当店をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

早速ながら、弊社も配送を委託しております配送業者「ヤマト運輸」の全国的な送料値上が本年発表され、当店におきましても今秋より同社から運賃改定についての申し出を受けておりました。

当店はこれまで同社の協力と自社努力によりお客様のご負担を少しでも低減できるよう、当店側で出来る限りコストを吸収しながらの送料サービスに努めておりました。

もちろん、今後も現在のサービス価格を維持できるよう交渉と検討を重ねて参りましたが、結論として現在と同水準での価格サービス維持は困難と判断し、やむなくこの度、配送料金の改定を実施させて頂く次第となりました。

つきましては2017年12月1日より適用される当店の新しい配送料金およびクール配送加算料金・代金引換(コレクト)手数料について、下記リンク先のPDFファイルにてご案内申し上げます(表は2ページ目)。

(PDFファイル・789KB)


 

なお当店では、このたびの送料値上りをきっかけに、お客様の送料負担を再び軽減できるよう、比較的安価に全国一律配送が行える「ネコポス(ヤマト運輸によるポスト投函型配送)」サービス等の導入を計画しております。

新サービス開始の折には、お客様に再度ご案内させていただきます。楽しみにお待ちいただければ幸いです。

引き続きお客様のご愛顧を賜れますよう、当店としてもよりよいサービスの向上・開発に努めてまいります。今後とも引き続き、よろしくお願い申し上げます。