カテゴリー
メディア掲載

都市部から半数が売約~沼隈ぶどうジュース(経済リポート H30.10.1 記事)

沼隈ぶどうジュース 181001 経済リポート2018年10月下旬の販売開始を前に現在ご予約受付中の「沼隈ぶどうジュース」搾汁の風景が、「経済リポート」で紹介されました。

◆掲載商品

沼隈ぶどうジュース

インターネット予約受付中「沼隈ぶどうジュース」

数量限定600本生産予定のため、ありがたくも既にその半数が売約済みとなっております。お寄せいただくご購入の動機・用途につきましては「地元の方が贈答用に」「広島・大阪・東京などにお住まいの方が定期購入」「商品が紹介されていた雑誌を見て」など様々な形でご利用いただいております。

本商品はインターネット以外でも、当店実店舗をはじめとして広島県福山市を中心とした各取扱店様にてご購入いただくことが可能です。当店実店舗では店頭にて商品の地方発送を承ることも可能です。お近くにお住まいの方はぜひご利用いただけますと幸いです。

<ぬまくま夢工房 実店舗の地図(Googleマップ)>

カテゴリー
メディア掲載

広島産レモンと塩を活用「しおれもん飴」~瀬戸内の宝島ブランドで(経済リポート H30.8.20 記事)

しおれもん飴 180820 経済リポート 掲載記事瀬戸内・大崎上島町産レモン果汁と瀬戸内・伯方島や大三島に工場を持つ伯方塩業株式会社「伯方の塩®」を活用した瀬戸内キャンディー「しおれもん飴」についての記事が、備後の地域経済誌「経済リポート」で紹介されました。

トライアスリート福元テツロー監修の商品第2弾「しおれもん飴」

先に販売を開始した「はちみつれもん飴」は発売から3か月で累積販売数約1,000袋とおかげさまでご好評をいただいております。

はちみつれもん飴に続け!といった感じで販売が始まった「しおれもん飴」。8/18現在のしおれもん飴取扱い店舗は、当店店頭(福山市御船町)および当店オンラインショップ、道の駅アリストぬまくま(福山市沼隈町)、ニチエー江南店(三原市和田)、府中展示館HOLM230(福山市駅家町)、神辺スポーツセンター(福山市神辺町)等となっています。

本商品を監修した弊社取締役・福元哲郎(福元テツロー)は現役のトライアスリート(4年連続日本ランキングチャンピオン2005~2008年(一般総合)、2017 JTU-日本トライアスロン連合 トライアスロン・エイジグループ-年代別チャンピオン)であり、2018年9月にはオーストラリア・ゴールドコーストで行われる世界トライアスロン選手権にも出場する予定です。

福元としては「スポーツ時の塩分・クエン酸補給にどうぞ!」とありますが、はちみつれもん飴と同様、一般のお客様も熱中症対策食品として様々な場面でご活用いただければと思います。

なお、本商品のみで熱中症が防げるわけではもちろんありません。日頃の熱中症対策にプラスワン、といった感じでご利用いただければ幸いです。

※「伯方の塩」は伯方塩業株式会社の登録商標です。

しおれもん飴

カテゴリー
メディア掲載

スポーツ向けの飴「はちみつれもん飴」監修~トライアスリート福元哲郎、知名度武器に販路を(経済リポート H30.7.1 記事)

はちみつれもん飴 180701 経済リポート 掲載記事
瀬戸内・大崎上島町産の「はちみつ」と「レモン」を活用した瀬戸内キャンディー「はちみつれもん飴」についての記事が、備後の地域経済誌「経済リポート」で紹介されました。

ニチエー江南店に「あきらめなければ夢100%」特設コーナーも

6月より、はちみつれもん飴やぶどう飴など弊社商品の取扱いを開始してくださった「フードガーデン ニチエー江南店(三原市和田1-8-1)」では、福元自らの精神論「あきらめなければ夢100%」を冠した特設コーナーを設置していただいています。

なお、ニチエー様においては、弊社商品の取扱いを順次多数の店舗へと増やしてくださっています。販売場所は各店の地産商品コーナーとなる予定です。一部の店舗に限られますが、商品をお見かけの際はぜひお手に取ってご検討お願いします。

☆ニチエー 店舗情報はこちら

ニチエー

はちみつれもん飴

カテゴリー
メディア掲載

地域間コラボを推進~トライアスリート福元哲郎が取締役就任(経済リポート H30.5.20 記事)

福元テツロー 180520 経済リポート 掲載記事

弊社取締役・福元が、備後の地域経済誌「経済リポート」5月20日号で紹介されました。

 

トライアスリート 福元テツロー

トライアスロンの世界では全国区の知名度を持つ福元哲郎氏は現在、広島県福山市を拠点として活動されています。

世界トライアスロン大会において日本人最高位を記録(2006年・2007年)し、その後も各地のトライアスロン大会で上位入賞常連、現在も第一線で活躍し続けている、広島の誇るトライアスリートです。

そんな福元選手が、かねてよりスポーツを通じて親交のあった弊社代表(中島)との縁もあり、今期より弊社ぬまくま夢工房取締役として参画してくれることになりました。

弊社としては今後、福元のアスリート活動や講演などの活動を支援しつつ、同時にトライアスロン大会開催地の特産品を使った商品開発などを福元と一緒に企画開発し、備後・瀬戸内の魅力が詰まったオンリーワン商品を新たに創出していきます。

☆福元テツローについての詳しい紹介は「福元テツロー公式サイト」でご確認いただけます。ぜひとも応援よろしくお願いいたします。

福元テツロー

カテゴリー
メディア掲載

「田島のり」の認知度向上に~広島県の海苔養殖8割の産地(経済リポート H30.4.10 記事)

田島のり 180410 経済リポート 掲載記事

広島県の海苔養殖の8割を占める産地・広島県福山市田島地区産の海苔「田島のり」についての記事が、「経済リポート」4月10日号で紹介されました。

もっと知って、もっと食べて!田島産の海苔

記事では、ともてつバスセンター(福山市鞆町)の事例紹介(田島のりの特設売場を設置)と天満屋地下1F食彩館内、串揚げとおにぎりの店「周」(おにぎりに田島のりを使用)が紹介されています。

また、東京四谷の老舗佃煮店「有明家」でも原材料として田島のりが採用されるなど、田島のりは地道に新たな販路を切り開いています。

弊社では内海町田島の海苔師「マルコ水産」の商品の一部をオンラインショップおよび店頭で取り扱わせて頂いており、今後も田島のりの販路開拓の一助となるべく、販売とPRに努めてまいります。

カテゴリー
メディア掲載

地産品として定番化~沼隈ぶどうジュース(経済リポート H29.10.1 記事)

沼隈ぶどうジュース171001経済リポート

備後の秋の風物詩、「沼隈ぶどうジュース」搾汁作業の様子が、備後の地域経済誌「経済リポート」10月1日号で紹介されました。

◆掲載商品

沼隈ぶどうジュース

 

地元・福山の美味しいぶどうを召し上がれ!

沼隈町産のぶどうはぶどう農家および組合の方々・その他関係者らのたゆまぬ努力のもと、年々着実に全国的にファンを増やしつつあります。

ただ、ぶどうは農作物のため、本来は夏から秋にかけての旬のシーズンしか楽しめません。

その点、ジュースなら、季節を問わず場所も問わずいつでもお楽しみいただける。ジュースの製作と流通を通じて、新たな沼隈ぶどうファン開拓の一助となりたい、というのが沼隈ぶどうジュース製作の当初の狙いでもありました。

沼隈ぶどうジュースは地元・沼隈町のぶどう農家の協力を得て初めて、作ることが可能なジュースです。製造を行う当店としまして、沼隈ぶどうの評価を下げることがあってはならない、という想いを念頭に抱き、毎年まじめに丁寧に取り組んでいます。

沼隈ぶどうジュースを飲んだお客様から「沼隈ぶどうジュースを飲んだら、沼隈のぶどうが食べてみたくなった」「沼隈ぶどうジュースを飲んで、沼隈ぶどうに興味がわいたので食べてみた」といったお声を一人でもたくさんの方から頂戴したい。私たちはそんなふうに考えています。

 

 

< ぬまくま夢工房インフォメーション内 関連記事 >

沼隈ぶどうの産地はどこですか?

沼隈町ではどんな種類のぶどうが作られていますか?

 

◆沼隈ぶどうジュース 掲載媒体
——————————-
掲載紙: 経済リポート
掲載日: 2017年10月1日
URL: http://www.keizai.co.jp/
——————————-

カテゴリー
メディア掲載

「ねぶとせんべい」を発売、独自製法で旨味凝縮(経済リポート H29.8.20 記事)

ねぶとせんべい170820経済リポート

瀬戸内海の代表的な小魚の一種「ネブト(テンジクダイ)」を使ったせんべい菓子「ねぶとせんべい」が、8月20日付の経済情報誌「経済リポート」で紹介されました。

記事では商品の特徴の他、当店以外の販売協力店(道の駅アリストぬまくま、ともてつバスセンター、いずれも福山市内)の紹介もされています。

ネブトは「備後フィッシュ」に選ばれた魚です

瀬戸内地域以外の方なら、「ネブトってなに?」と思われる方が大多数のはず。

ネブトとは「テンジクダイ」「イシカベリ」という名前の小魚です。広島県福山市周辺いわゆる備後地域ではネブトと呼ばれることの多い魚です。

地元ではごく一般的な魚なのですが、全国的には知名度はいまひとつ。ということで、地元ではネブトを含めた瀬戸内の魚をもっと知ってもらいたい、もっと味わってみてもらいたいといった思いから始まる様々な活動が誕生しています。

以下で紹介する「備後フィッシュ」なる瀬戸内小魚の魅力発信活動もそのひとつです。

【備後フィッシュとは】
穏やかな瀬戸内海に臨む備後圏域の沿岸4市である広島県三原市,尾道市,福山市,岡山県笠岡市で水揚げされた新鮮な水産物で,漁師がおすすめするとっておきの25種類の魚たちです。

【備後の地魚応援団とは】
備後圏域の連携4市(広島県三原市,尾道市,福山市,岡山県笠岡市)の行政,関係漁業団体,道の駅等で構成する備後フィッシュの推進団体です。

広島県福山市ホームページ
「備後フィッシュガイドブック」を発行します!」ページより引用

※上記リンク先はページ削除または内容が変更される場合があります。

 

当店の開発・販売する「ねぶとのふりかけ」や「ねぶとせんべい」などのPR・販売も、こうした活動の一助となれば幸いです。

ということで、興味のわいた方は「ねぶとせんべい」をぜひ一度召し上がってみてください。そして、いつの日か福山市近辺へと観光に訪れた際には、ネブトの唐揚げ、南蛮漬けなどのネブト料理をぜひぜひ召し上がってみてください。これは声を大にしておすすめします。

 

◆掲載商品

ねぶとせんべい

 

◆ねぶとせんべい 掲載媒体
——————————-
掲載紙: 経済リポート
掲載日: 2017年8月20日
URL: http://www.keizai.co.jp/
——————————-
☆経済リポートは備後圏域(福山・尾道・三原・府中・笠岡・井原)を中心とした経済情報誌です。